ペットボトルで無双する

ペットボトルで無双する

ペットボトルで無双する

  • Amazon
  • BOOK☆WALKER
  • BOOTH

 化け猫集団と天狗勢力がつばぜり合いを続けるあの世のスラム街リトルイセで、ペットボトル一本を手に音楽の道を究めんとする一人の不法死民がいた。奏でてみせよう魂の音色。ここまでおいでよ「一音成仏」の境地。

試し読み

ペットボトルで無双する(お試し版)

あとがきのかわり

 この小説を書く前に、琵琶のことをいくらか調べました。おかげで時代劇や歴史ドラマを見たときに「この人、筑前琵琶を弾いてるのに音は薩摩琵琶じゃないか!」などという突っ込み入れられる程度には琵琶リテラシーが高まりました。

 尺八のことも調べました。琵琶のほうは大したことは調べられなかったけど、尺八のほうは亡くなった祖父が趣味にしていたおかげもあり、琴古流の教本と、尺八十七本を譲り受けることができました。十七本といっても内十四本は木管ですが、一尺四寸管から二尺三寸管までのラインナップが揃っています。

 が、今回電子書籍にまとめたバージョンでは、琵琶要素は中盤でエンカウントするサイボーグくらいにしかなく、尺八に至ってはペットボトルになってしまいました。調べものが無駄になることって、小説を書いているとまれによくある。

 最初期の計画では、平敦盛がラスボスの音楽バトルものでした。けれど音楽は関係なさそうな桃太郎とか秀吉とか、あとパルチザン闘争のためのパルチザン闘争を繰り返す源義経がいて、壇ノ浦で八艘飛びされたことを未だに根に持つ平教経がいるような世界観でした。初稿に失敗したときに、彼らはリストラされました。関係ないものをいろいろとぶち込みすぎだったんですよ。

 源平合戦要素が消えたので、琵琶要素もなくなりました。尺八も、尺八現物はたくさんゲットしたものの、肝心の奏法とか哲学についての調査が甘く、「まあいいや、尺八もペットボトルも同じエアリードの楽器だし、大筋では変わらんわ」と妥協してペットボトルで戦う話になったわけです。ペットボトルには琴古流も都山流もないからね!

 ところで自動車は広義の楽器だと思うんですよ。打楽器の要素もあるし木管や金管の要素もある。風神雷神はビューンドッカーンってうるさそうだし、ねこはニャーって鳴きます。

 音楽の「楽」の心は「音をたてて、聞いて、わーいたのしい!」だから、音を楽しめちゃった時点でそれは音楽です。また、ゼロという数字があるように、無音もまた音のうちです。ですから、すべての事象は音楽となる可能性を秘めている。

 この小説では徹頭徹尾「音楽」を書いたつもりです。表紙はなにやらテック系だけどね。Canva で見つけたメカにゃんこのイラスト素材に一目惚れしました。かわいいでしょ? かわいいは正義だし、作中にイカれたにゃんこがいっぱい出てくるので、許してください。

書籍詳細

発売日 2019/5/17
販売価格 400円(+税)
タイトル ペットボトルで無双する
著者 はらぺこ白虎
表紙デザイン はらぺこ白虎
発行者 Pettanco: work
フォーマット ePub(電子書籍)

 

  • Amazon
  • BOOK☆WALKER
  • BOOTH