あなたの死語はどこから?

あなたの死語はどこから?

 私は自他共に認める良い子ちゃんだったし、カピバラもびっくりなくらい温厚な種族だから「MK5」とかいう好戦的なフレーズは使ったことはねぇけどよ、意味はえっとね

「マジでキレそう5秒前」の略です。

 KY(空気読めない)のおばさんかな? くらいの理解でいいと思います。この系統の言葉で死語じゃないのは何があるんだろう。ちょっと思いつかないや。

 さて。

 めくるめく死語について、その思い出話でもしようか、というのが本稿の趣旨なんですが、残念ながら、大した思い出がない。

 過去は振り返らない主義だし、省みると黒歴史の重みがすごいからほんとうに省みたくないんだけど、強いて言えばアレかな。

「ぽんぽんぺいん」
 正書法では「pͪoͣnͬpͣoͥnͭpͣa͡inͥ」

 何年か前に流行ってた気がする。少なくとも私がいた界隈では流行ってた。この言葉が猛威を奮っていたせいで、みんな些細なことで腹痛になっていた記憶がある。

 そして最近は見ないので、死語ですかね。

 って思って検索してみたら、まさかのQiitaに関連記事があったワロタ

pͪoͣnͬpͣoͥnͭpͣa͡iを支える技術

 しかもタイトルが秀逸です。みなさんはこれを読んで「ぽんぽんぺいん」の正書法を学んでください。

 私はいちいち書くのがめんどくさいので適当にググってコピペします。

 今、思わず「ワロタ」って書いちゃったけど、これも死語なんでしょうか? 少なくとも私は使うから生きてるという認識でいます。むしろ自分の精神生活にはなくてはならない言葉ですらある。

 だから、もし「ワロタ」を死語にしたいのであれば、私を殺せ。それが死語化への必要条件だ。

 ところで「若者が使わない言葉=死語」っていう風潮があるけど、正直極端すぎるんじゃないかと思います。だって、あいつら語彙ないじゃん🤔?

 語彙がないやつらに合わせてたら「クーリングオフ」とかも全部死語だよ。だって五歳児は使わないだろ?

 逆に「衣紋掛け」とか「ハイカラ」とかは、お年寄りは現役で使ってるんだから生きてる言葉だよ。

 つまり何が言いたいかっていうと、日本の文化史を彩る一幕として、「シャレオツ」とか「モガ」とか「御用改」くらいは覚えといても損はないということだ。教養だ。わかったか。

 おそらく「ワロタ」とか「草」とかも、その種の文化的な語彙になる。

 思えば若者言葉っていう存在自体が曲者でしてね、本来大人はそれを捕捉することができないんですよ。

 べつに今様(いまよう)がわからない負け惜しみで言ってるわけじゃなくて、なんというか業界用語と同じ。ある種の符牒じゃないですか? 細作も敵に捕まれば舌を噛みますね。

 思春期のシャイボーイズおよびシャイガールズは、親の監視の目からいかにのがれるかってところに血道を上げてて、そういう傾向がメソポタミアの時代から続いてるのは昨今のSNSの勢力図の変遷を見ても明らかです。

 小説でも親は頑なに秘匿される存在だし(通常攻撃が二回攻撃で全体攻撃とかの例外を除く)、ティーンと大人の世界って成層圏と対流圏くらいに隔たってる。二つの世界は接してはいるけど、交わらない。大人に観測された時点で若者言葉は若者言葉として死ぬ。つまり狭義の死語になる。

 若者言葉は素粒子と同じだから、古典力学だと荷が勝ちすぎるのだよ。

 なんの話してたっけ。
 そうだ。死語の思い出ばなしだったな。

 すまない……本当に思い出がないんだ。じゃあなんでこんなエッセイ書き始めたんだって言われたら立つ瀬がないんだけど、アレだよ。すじこにネタ振りされたからだよ! だから必死で思い出してる……

 そうだ!

「オッハー」とかいうのがあったな!
 あったけど……!

 あったけど……特になんも、思い出はない( ´ᾥ` ).