(2018)電子書籍を個人出版したい人が検討しそうな選択肢・可能性を全部書き出してみた

(2018)電子書籍を個人出版したい人が検討しそうな選択肢・可能性を全部書き出してみた

 電子書籍の配信準備を進めるにあたって、私たちが検討した内容を洗いざらい書き出してみました。書籍のジャンルは小説・ライトノベルを想定しています。

電子書籍の作成

ファイル形式

 小説の場合、ePub・PDFの二択でほぼ間違いないです。どちらを選択するかは販売スタイルに依存します。余裕があれば両方作ってもいいです。

 私たちの場合、私(はらぺこ白虎)が「ePubこそデファクトスタンダード!」と主張して、すじこが「PDFこそデファクトスタンダード!」と主張して、結局両方作ることにしました。

 ストア配信を考えているのであればePubは必須です。ただし、素のデータをやりとりする場合にはPDFが安全です。なぜなら、素のePubの開き方がわからない人は少なからずいますし、ビュワーによって表示のされ方に差があります。その点PDFは大抵の端末で誰でも簡単に開けますし、おおむね制作者の意図通りに表示されます。

 具体的なストアについては後述しますが、KindleストアやBOOK☆WALKERで配信したい場合はePubファイルを作り、BOOTHやStores.jpなどのショッピングカート、ホームページでの自家販売を計画している場合にはPDFを作るのが手間がなくて良いかと思います。

ePub ファイルの作成について

 フリーソフトのLeMEが一番使い勝手が良いと感じました。LeMEで土台をつくったうえで、細かいアレンジをSigilで加えるのが自由度が高くてかつ楽です。

 SigilはePubを手軽に作成できるマルチプラットフォームのエディタです。編集>全般の設定を確認して、ePub3の編集モードにしてから編集する必要があります。寄付歓迎のフリーウェアです。

 LeMEはテキストファイルを流し込むだけで縦書き表示の細かい調整までやってくれる優秀なソフトです。BOOTHでライセンスを購入して開発をサポートできます。

 htmlとCSSを直書きする手もありますが、ものすごく面倒なので、素直にLeMEとかでんでんコンバータなどの変換ツールを使うのがよいと思います。

販売

 このセクションでは、電子書籍及びその周辺物の販売の方法についてまとめています。

配信ストア

配信ストアと個別に契約する

 個人が直接契約できるのは概ね以下の五つです。詳細や最新の情報はそれぞれのホームページで確認してください。

Kindle Direct Publishing

 Amazonで販売できる。専売プラン(キンドルセレクト)だとロイヤリティ70%(正確にはここから書籍購入にかかるダウンロード代が引かれる)。あと自動的にプライム会員読み放題のUnlimitedに登録される。90日ごとに更新で90日のうち累計5日間無料キャンペーンを打つことができる。

 キンドルセレクトの条件を満たさない場合はロイヤリティ35%。どちらのプランも最低支払金額は10,000円で、振込手数料はAmazon持ち。Kindle Direct Publishing

BOOK☆WALKER

 男性向けのラノベが強いらしい。女性向けはよくわかりません。ロイヤリティは50%。最低支払金額は1円で、振込手数料はBOOK☆WALKER持ち。BOOK☆WALKER 同人誌・個人出版著者センター

楽天kobo

 楽天Koboのストア。80~299円の本のロイヤリティは45%で、300円以上の本のロイヤリティは70%。最低支払金額は10,000円で、振込手数料がどっち持ちなのかはよくわかりません。楽天Koboライティングライフ

Google PLay

 現在新規登録に制限を設けているので、参加したい場合は問い合わせをします。参加可能な状態になったら登録したGmailに案内が届くはずです。Google Play ブックスパートナー

iBooks

 マックユーザーのみ配信可能。私(はらぺこ白虎)もすじこもまともなマックPCを持っていないので、この項目はまったく検討していないです。iBooks Author

 ちなみに私たちは、シェアとかロイヤリティとかマンパワーとかパワー・オブ・マネーとかを天秤にかけて検討した結果、ストア配信はKDPとBOOK☆WALKERに絞ることにしました。

 もし多店舗展開したくなったら改めて登録するか、個人でも利用可能な取次を使うと思います。

ショッピングカートを利用する

 ショッピングカートに登録して決済機能を利用するという方法もあります。小規模店舗対応で固定維持費をかけずに済むものでは、stores.jpBASEがありますが、同人系ではPixivが運営するBOOTHが大手です。

stores.jp

 決済手数料5%。利用する決済手段によっては別途手数料がかかる。コンビニ・キャリア決済の場合は200円(購入者負担)。アマゾンペイの場合は売り上げの4%。無料版は商品を5点まで登録できる。有料プランは税抜き980円/月。最低支払金額は10,000円。振込手数料は登録者持ちで250円。stores.jp

BASE

 決済手数料は送料を含めた売上の3.6%+40円。別途サービス使用料が3%かかる。ショップ運営に使える一部のアプリが有料。振込手数料は登録者もちで250円。振込金額が20,000円未満の場合は事務手数料500円がかかる。月ごとに〆てはくれないので売上の振込申請を自分でする必要がある。BASE

BOOTH

 決済手数料は送料を含めた売上の3.6%。最低支払金額は5,000円で、振込手数料は登録者持ちで、30,000円未満の場合200円、30,000円を以上の場合は300円。BOOTH

 BOOTHでは、売り手と買い手が住所・本名などのプライベートな情報をやりとりすることなく決済から配送までカバーするシステムが整っています。「特定商取引法に基づく表記」もなあなあなままいけますので、身バレが心配な方におすすめです。(ただし、販売者情報について請求があった場合は速やかに回答しなければなりません)

 stores.jpやBASEの方は一般的なECサイトの機能がひととおり揃っています。どちらかというと、stores.jpのほうが「特定商取引法に基づく表記」がなあなあでもいけそうな気がします。

 stores.jpとBASE、どちらのサービスもアカウントを作るだけで、プル型とプッシュ型のメディアを一通りそろえることができます。ホームページとブログとメルマガ(に相当するもの)とショッピングカート及び問い合わせフォームを一括で管理できるのは魅力的です。BOOTHはあくまでpixivと連携して使うのが前提になります。ニーズにあったサービスを選ぶとよさそうです。

電子取次を利用する

 通常、電子取次は出版社としか取引しないのですが、個人でも契約できる取次もあります。

BCCKS

 電子書籍販売サイトで後述のPrint On Demandもやっています。このサイトにアカウントを作って電子書籍を配信すれば、簡単な紙の本を販売したり、他のストアにも配信できるようになります(ただし有料オプション。登録や更新一回あたり税込み540円かかる。配信停止は324円)ストア配本サービス

BCCKSを通じてストア配信すると電子書籍の冒頭に「この本はBCCKSで作成されて配信されている」との旨が記載されます。

電書バト

 漫画 on web を運営する漫画家の佐藤秀峰氏が経営する電子取次会社。取引手数料は各書店の手数料を売上から引いた額の15%で最低振り込み額は1万円、振込手数料は別にかかるみたいです。漫画だけしかダメかと思ったら、そうでもないみたいです。興味がある人は問い合わせてみるのも良いかもしれません。電書バト

マンガハックPerry

 漫画投稿サイトのマンガハックを運営する会社が経営する電子取次会社。取引手数料は各書店の手数料を売上から引いた額の30%で、電子化作業をサポートしてもらえる仕組みになっています。今までの取り扱い実績を見る限り漫画だけですし、サポートの内容も漫画に特化してるので、おそらく取り扱いは漫画のみでしょうが、興味がある人は問いあわせてみると良いと思います。マンガハックPERRY

番外編

 ブログ感覚で投稿して電子書籍を販売できるサービスもあります。電子書籍を販売してみたいけれど、ePubとかPDFを自分で作るのが難しい人は、以下のサービスも有力な選択肢です。

note

 「マガジン」というカテゴリごとに有料にしたり、記事単体で有料にしたりと、ブログ感覚で書いて販売したい人には良いサービスです。投げ銭にも対応、SNSの機能もあります。一般寄りの小説を書いて、かつSNSが得意な人は向いていると思います。note

パブー

 ブログ感覚で投稿してPDFやePubの書籍を作れます。買った本はKindle(端末)に送信して読むこともできるみたいです。パブー

紙書籍を販売する

 世の中の小説愛好家のなかには「やっぱり紙の本がいいよね~」という方がかなりの数いらっしゃいます。電子書籍で個人出版を考えてらっしゃるそこのあなたも、「できれば紙で本を作りたい」と思ってらっしゃるかもしれません。

 紙の本を作るときにネックになってくるのは印刷代の高さです。

 例えば300ページくらいのカラーカバーつきのオフセット印刷な文庫本を作ろうとしたら、30部とかの小部数の場合、一冊あたり3,000円からとかいう素敵なお値段になります。各種割引を盛り盛りにして、そのお値段です。そして30部普通にさばける人は小説の世界ではすげぇ人です。普通の人は1冊も売れません。顔がひろければ付き合いで買ってもらえるかもしれませんが、3,000円で買ってくれる人はよほど奇特な人です。無理に売ったら人間関係が崩壊するかもしれません。しかも、仮に3,000円で30冊売り切ったとして、印刷代をペイして終わりです。あなたがどっかの社長とか大学教授とかで、相手(従業員や学生)の生殺与奪の権を握っている場合、権力に物を言わせて好きな値段で買わせることは可能です。

 もし書店に並んでるような本を印刷して、なおかつ利益は出なくていいからせめて損失は出さないレベルを目指すなら1000部刷って売りさばけるレベルのビッグネームじゃないと無理です。印刷代だけなら300部から回収可能だと思います。全部売れればの話です。

 ということで、見込み販売数=ε(極限小)な私たちは踏み入ってはいけない領域だなと思ったので、紙には手を出さないことに決めました。今後「小説を読むなら、やっぱ紙がいいです! 紙の本を出してくれたら買います!」とかいう輩が現れたとしても、私たちはめったなことでは紙書籍に手を出さないと思います。小さな組織は身の丈にあった運営がよいです。

 1000部単位で売れる自信のある人とか、技術や名声や権力のある人でかつ、どうしても個人で出したいんだという強い拘りのある人は、Amazon e託 を利用するという手があります。まずISBNという書誌コードを取得する必要があります。申請方法やお値段などは日本図書コード管理センターで探してみてください。たしか21,000円+10,500円から登録できます。

 ISBNを取得すれば、建前としては全国の一般の書店に流通させることができます。でも取次が扱ってくれないので実際には無理です。Amazonでしか売れません。逆に言えばAmazonさんだけは取り扱ってくれます。ここで注意したいのが入庫にかかる送料です。よっぽど売れる見込みのある本以外、一冊ずつしか置かせてもらえません。しかもe託の年会費は9800円と法人向けな価格設定なので、多くても二桁程度しか取り扱わないような個人が利用するにはちょっと無理ゲーな選択肢かなと思います。密林社を利用するという手もあります。そちらはいくらか現実的な選択肢です。

Print on Demand

 プリント・オン・デマンドは、注文が生じた都度本を印刷して販売するという紙書籍の売り方です。在庫を抱えるリスクがないのが最大のメリットです。デメリットは売り物の品質を自分で確認できないこと。販売される本はペーパーバックです。普通の印刷物と違って、PoDでは発注部数が多くなっても単価が下がることはありません。

 このPoDというシステム、アメリカとかイギリスのアマゾンでは個人でも利用できるのですが、日本だと個人は利用できません。恐らくペーパーバックが一般的でないからだと思われます。

 インプレスグループのNextPublishingを利用すれば個人でもAmazonのPODサービスを利用できます。販売価格の40%が手数料で、他に印刷代がかかります。また、まともに登録して売ろうと思えば「流通効率化支援」や「見本書籍作成」といった有料プランの購入が必要になりそうです。

 そんなこんなでAmazonで販売しようと思うと高くつくのですが、Amazonに拘らなければ製本直送.comの「どこでも出版」を利用すれば単価は抑えられます。

 とにかく紙の書籍を作りたいという人にはそういった手段もあります。

関連商品の販売

 普通に個人出版を考えている人がここまで想定するとは思えませんが、私たちはクリエーター・ユニット(笑)なので、ネタとしてあらゆる可能性を検討しました。

LINE スタンプ

 LINEのスタンプがつくれます。これのなにが良いかというと、正々堂々と友達に自作の宣伝をお願いできるところです。

 まず、作ったスタンプを友だちにプレゼントします。プレゼントされた人は大抵喜んで使ってくれます。そして、なにやら見たことのないスタンプが送られてきた友だちの友だちの一人がスタンプに興味を持ってくれたりします。

 スタンプをクリックするとスタンプの販売ページにとぶことができますから、そのまま買ってもらえた場合、さらに別の人とのやりとりで使ってもらえます。それが連鎖して、なんだかんだ拡散が狙えるのがLINEスタンプです。

 下手にTwitter広告を打つよりも宣伝に向いている可能性があります。キャラクターをメインに売り出したい場合は、認知度を高める有力な手段の一つになります。

 問題は、絵心のない小説書きの場合、スタンプ画像を調達するのが難しいことです。また絵心のある人でも、慣れていないと40枚をそつなくそろえるのは大変です。単純なイラストとはいえ、40枚分のネタを出すのってしんどいです。20枚くらい描いたところで最初のネタの息切れが来ます(日本語がおかしいですが、そんな感覚です)。脳死状態でさらに20枚描きます。しかもキャラクターのコンセプトがスタンプ化にマッチしたものでないと使ってもらえません。

 ただし、絵が下手でもネタが面白ければ使ってもらえるので、ある意味誰にでもチャンスがあるのがLINEのスタンプです。スタンプはそれ自体を売るのではなく、販促ツールとして位置付けるとハマると思います。

  ロイヤリティ35% 売上が1,000円以上になると振込申請ができる。振込手数料は540円(LINE Pay を利用する場合は無料) 自分で作ったスタンプであっても買わないと使えない。LINE Creators Market

グッズ展開

 グッズ展開については、すじこが考えていて私はよくわからないのですが、PoDサービス同様、オンデマンドで制作して販売できるサービスをBOOTH を運営している pixivが展開しています。Pixiv Factory

 在庫を抱えなくて済むのもメリットですが、恐らく最大のメリットは、商品開発の手間を省けるというところじゃないかと思います。需要のあるラインナップは一通りそろっている感じです。

 BOOTHの「倉庫に後から入荷」という機能を使って事実上の受注生産を行い、単価を抑えることも可能です。

宣伝・露出

 私たち二人とも宣伝も露出も苦手なので大したことは書けませんが、自分たちでも実践できそうな手段はあらかた書いてみました。

プル型メディア

ブログ・ホームページ

 ホームページ・ブログ・あとは作品ごとのランディングページなどがこれにあたります。無料ブログやホスティングサービスを使って無料で作ることも可能ですし、私たちみたいに、なぜか持っていた独自ドメインで有料サーバーを借りてCMSで運営するというのもありです。

 本格的にビジネスをやるんだったらドメインは欲しいと思いますが、電子書籍の個人出版程度ではたぶん要らないです。持ち家に住んでいようが、借家に住んでいようが人としての価値は変わらない。でもお店の場合はぴしっとした看板がある信用度が増すよね? くらいの感覚でしょうか。

 ドメインも、折角とるならうちみたいなやる気のないworkドメインとかじゃなくて、大正義comドメインとかjpドメインとかが本気度が高くてよい感じです。.tokyo .kyoto .okinawa などのご当地ドメインもあるので、地域密着型のコンテンツを作りたい場合は、良いアピールになります。

 どうせサーバーを借りるならSSL通信にも対応しましょう。一番ゆるいDVレベルの認証で十分です。でないと身バレします。

ファビコン・ウェブアイコンを自動生成する

 Favicon Generatorが超便利でオススメです。英語読めないよ( ;∀;)っていう人が相手でも「とにかくめっちゃ便利だから使ってみなさい! 大丈夫! 英語は死の呪いじゃないし、謎のポイズンとか発しないし、とりあえずimage=イメージって意味だから!」などとごり押ししたくなるくらいには便利です。

 生成されたアイコンをダウンロードしてホームページのしかるべき階層にセットし、htmlのヘッダ内に貼りつければ完了です。

Google Search Console

 難しいことはよくわかりませんが、要はGoogleさんに自分のサイトをアピールするためのツールです。このサービスを通じてGoogleさんにサイトマップを送ることで、新しい記事をインデックスしてもらえます。登録にはGoogleアカウントが必要です。

 手書きのホームページの場合はサイトマップ用のxmlを別に用意しないといけません。Wordpress を使っている場合はGoogle XML Sitemaps といったプラグインを導入しての自動生成がよろしいです。

SNS

 Twitter or facebook or instagram の三択で、自分たちのキャラに一番合うのが良いと思います。私たちの場合、facebookはそもそも身バレがやばいですし、instagramはリア充過ぎてあかんかったので、Twitterが唯一の選択肢となったのですが、肝心のTwitterもまともに使えていません。

 とはいえ交流してこそのSNSです。コミュ強は積極的に交友関係を広げていって認知度を高めたらいいと思います。

プッシュ型メディア

 プッシュ型メディアとしてまず思い浮かべるのはメルマガですが、ターゲットによってはLINE@を使ったほうがよいです。

LINE@

 LINE@の無料版は、ホーム投稿は月4回まで、メッセージは月累計1000通まで送れます。自動応答や1:1トークのやりとりは無料です。

おわりに

 2018年版 電子書籍の個人出版諸事情まとめは以上です。あくまで私たちのニーズに即して検討した選択肢であり可能性であるので、電子書籍の個人出版におけるすべての事情を網羅しているわけではありません。

 抜けもたくさんありますが、気づきもあるんじゃないかと思います。少しでも読んでくださった方の参考になれば幸いです。

 なお、各サービスの具体的な手続き方法についての質問にはお答えできません。各サービスの運営者に直接お問い合わせください。